HERMLE ヘルムレ 振り子時計 完全送料無料 ガラスと木の調和が美しい モダン 掛け時計 71004 15790円 HERMLE ヘルムレ 振り子時計 ガラスと木の調和が美しい ! ヘルムレ HERMLE 振り子時計 71004 モダン 掛け時計 インテリア・寝具・収納 置き時計・掛け時計 振り子時計 ヘルムレ,ヘルムレ,HERMLE,HERMLE,!,ガラスと木の調和が美しい,71004,振り子時計,モダン,掛け時計,/deknight1526625.html,15790円,振り子時計,ju-shin.com,インテリア・寝具・収納 , 置き時計・掛け時計 , 振り子時計 ヘルムレ,ヘルムレ,HERMLE,HERMLE,!,ガラスと木の調和が美しい,71004,振り子時計,モダン,掛け時計,/deknight1526625.html,15790円,振り子時計,ju-shin.com,インテリア・寝具・収納 , 置き時計・掛け時計 , 振り子時計 15790円 HERMLE ヘルムレ 振り子時計 ガラスと木の調和が美しい ! ヘルムレ HERMLE 振り子時計 71004 モダン 掛け時計 インテリア・寝具・収納 置き時計・掛け時計 振り子時計 HERMLE ヘルムレ 振り子時計 完全送料無料 ガラスと木の調和が美しい モダン 掛け時計 71004

HERMLE ヘルムレ 代引き不可 振り子時計 完全送料無料 ガラスと木の調和が美しい モダン 掛け時計 71004

HERMLE ヘルムレ 振り子時計 ガラスと木の調和が美しい ! ヘルムレ HERMLE 振り子時計 71004 モダン 掛け時計

15790円

HERMLE ヘルムレ 振り子時計 ガラスと木の調和が美しい ! ヘルムレ HERMLE 振り子時計 71004 モダン 掛け時計



モダンデザインでお洒落な振り子時計です。(ドイツHERMLE社製)
ウエイブした木製本体と、ガラスの文字盤が印象的なデザインです。
文字盤に描かれたシンプルなアラビア数字の時刻文字がとても見やすい嬉しい造りです。
リビングや会議室の壁面を豪華に飾る振り子時計です。


●サイズ:70cm(高さ)×23cm(幅)×6cm(厚)
●材質:本体天然木、文字盤ガラス
●ムーブメント:クウォーツ式
●電源:単3電池×1
●ドイツ製
●保証期間:1年


HERMLE (ヘルムレ)は、1922年に南ドイツのゴッシェムにて発足し、当初は、時計部品及びチャイム装置の製造からスタートしました。
現在では機械式はもちろんクォーツタイプまで幅広い商品レンジを有し、特に機械式ムーブメント(動力装置)の生産、品質は世界のリーダーで、クロック(置き時計、掛け時計)では世界最大のメーカーとなっています。
質にこだわり、治工具から全ての部品を自社生産し、また、コンピューター管理による品質の安定と耐久性の向上、自動化によるコスト削減を追求し、市場価格の安定に努めています。
HERMLEはお洒落なデザインと斬新な商品開発で世界の市場で確実な評価を得ています。



無料にて名前入れを承りますのでご利用下さい。

新築、結婚、事務所オープン等各種記念品用として、シール印刷による名前入れを、無料にてサービスいたしておりますのでお申し付け下さい。
ご購入手続き時に「その他記入欄」にご記入下さい。





豪華なレーザー彫刻名入れもご利用ください(有料です)

特殊プレートへレーザー彫刻で名前入れを行い、商品の所定の位置へ貼り付けいたします。

レーザー彫刻名入れプレートご購入!



ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。(03-6407-4191)





取り付けフック

商品をご購入されましたお客様にてご希望の方には、写真の壁掛け用フックを無料でお付けいたしておりますので、ショッピングカートの「その他記入欄」にてお申し付け下さい。
コインなどでクギを押し込み、石膏壁やベニヤ壁に簡単に取り付けることが出来ます。(耐垂直荷重7kg)

HERMLE ヘルムレ 振り子時計 ガラスと木の調和が美しい ! ヘルムレ HERMLE 振り子時計 71004 モダン 掛け時計

変幻自在なチューリップ

 雨上がりの朝です



開き始めたのはミニチューリップのアニカ



日差しと共に開いていきます
この日は蕾だった花が



翌日には開花、でも新しく咲いた花はレモン色
そうこのチューリップは、色変わりするのです



開き始めのレモン色から



オレンジピンクへ、そして最後は



赤に変わります




変幻自在なチューリップ、アニカでした
3月の半ばから咲き始めたチューリップたち




桜と共に春を謳歌して、そろそろ終盤を迎えます

そして、庭は次のステージへ・・・





花は咲く

 朝露に朝日があたって
白い水仙ウェディングベルが輝いて見えました




真っ白な 雪道に 春風香る
                       わたしは なつかしい
                       あの街を 思い出す


                       叶えたい 夢もあった

                       変わりたい 自分もいた
                       今はただ なつかしい
                       あの人を 思い出す


                       誰かの歌が聞こえる

                       誰かを励ましてる
                       誰かの笑顔が見える
                       悲しみの向こう側に


                       花は 花は 花は咲く
                       いつか生まれる君に
                       花は 花は 花は咲く
                       わたしは何を残しただろう




東日本大震災の復興ソング「花は咲く」
この歌の歌詞が当時とは違った形で胸に響いています
震災から10年、メディアでは多くの特集が組まれました
津波という大きな自然災害の前では人はなすすべもない弱い存在でした
けれど、悲しみや苦しみを抱えながらも前を向いて進もうとするたくさんの人たちの姿に
やはり人は強いのだと、励まされた私です

夫が体の不調を訴え始めたのは1年ほど前のこと、
はっきりした診断が出ないまま症状は悪化
11月、にわかには信じられない病名を宣告されました
辛くて悲しくて暗い冬
悲しみや不安に耐えられなくなりそうなときもありました
夢であったらと何度思ったことか・・・
でも悲しんでばかりもいられません
夫に代わって仕事も進めなければなりません
義母の介護も待ったなしです
私がへこたれるわけにはいかないと
気持ちを奮い立たせて何とかやっています
いつのまにか季節は冬から春へ、時を感じて花は咲きます
今は次々と咲き始めた庭の花に励まされながら、日々過ごしています

「花は~♪ 花は~♪ 花は咲く~♪」

雑草を抜きながら口ずさむ
そんな庭の時間が心の平静を保つための安定剤になっているようです






クリスマスローズがいろんなお顔で咲いています







春ですね

一日苗屋さんのお知らせです

 和庭がツワブキの黄色に染まっています
 ホトトギスは盛りを過ぎました
 花の少なくなった花壇でサルビア インボルクラータだけが花盛り

 

秋も深まってきましたね
すっかりご無沙汰してしまいました^^;
いろいろあって、かなり落ち込んでおります
それでも、種を蒔きました
思った以上に、たくさんの芽が出て
小さな芽に癒されながら、少しずつポット上げ
追いつかないポット上げを仲間たちが手伝ってくれました
なっちゃん、津島シャロームさん、Uさん、感謝です
おかげで今年もたくさんの苗が出来ました
コロナのこともあるし、今年は苗屋さんはやめようかとも思ったのですが
「手伝うから」と仲間たちに背中を押されて
今年も「一日苗屋さん」やります!

 

【一日苗屋さん】
11月23日(月)
10:00~14:30

種類はほぼ例年通りですが、苗の数は半分くらい
種蒔き、植え替えが遅くて、まだ小さい苗もありますが
春のお庭に加えていただけると嬉しいです。
お近くの皆様、どうぞおいでください♪


秋は突然に

空は青く高く、すっかり秋の空になりました
朝晩は肌寒く、昼間は汗ばむくらいだけど
日差しは柔らかく感じます
秋は突然にやってきましたね

 

事務所前の宿根草花壇

秋明菊に続いてヤブランが咲きました
酷暑に疲れた植物も元気を取り戻し、夏の花も咲き続けてちょっと賑わっています

 

お昼ごろに咲いて、翌朝には落ちてしまうゴジカ

 

ひっそりと咲くカラミンサ



夏にはすっかり葉っぱを落としていたバラが綺麗に咲いてます 秋バラ??

 
オマージュ ア バルバラ

丈夫で四季咲、やや小さ目の花は花持ちがいい
面白いのはその散りざま、花びらを散らさず
まるで椿のように、花茎が折れてぽとりと落ちます

 
 

ノゲイトウ ルビーパフェ、ワインカラーのサルビア



バタフライピーの青い花
藍色に近い深い青は心静める鎮静剤

心ざわつくこの頃です
いろいろあって、ちょっと大変、凹むこともあるけど
庭の花に癒されながら、なんとかやってます
ブログの更新もままなりませんが
たまにひょっこり現れますので、どうぞよろしくですo(*⌒―⌒*)o♪ 



夏は続くよ

 昨日のお昼過ぎのこと
雷鳴とどろき、激しい大粒の雨がしばらく降りました
一昨日の午後にも同じように強いにわか雨が降って
2日続けての水やり免除がとっても嬉しかったなぁ
このところの猛暑は人にも植物にも過酷です
毎晩暗くなってから1時間余りの水やりは結構大変
がんばって水やりをしても、カラカラに乾いた土に水は十分浸み込まず
植物もなんだかグッタリして、枯れてしまうものも少なくありません
だから待ち焦がれた雨に、庭も畑も、そして私もホッと一息ついてます

またまたご無沙汰、ほぼ1ヶ月ぶりの更新です
この間に咲いた花などを記録しておきます

 
8月10日 鹿の子百合
真夏に咲く白い百合は涼し気です




レモンティーツリー、レモンマートル、そばの花、ヒメノカリスも白い花


8月2日のローズボーダー

このころはまだダリアやカンナ、コレオプシスなどが咲いて青々としていますが…

 

今はほとんど切り戻して、寂しい夏枯れ状態・・・


8月10日
トレリス花壇に元気なルドベキア・タカオ登場


8月10日
シェードコーナーのリグラリアと


カリガネソウ

酷暑が続いたお盆休みには、次女一家とほーちゃんと一緒に涼を求めて横吹渓谷へ


 

自然のウォータースライダーを何度も滑って
「楽しい~!」とkanaちゃん、初めての川遊びがすっかり気に入ったようです。

厳しい暑さも今週は少しはましになりそうですが
まだまだ夏は続きそう
でも季節は少しづつ秋へ
秋明菊が咲きました


春夏秋冬、自然は時に厳しく、時に優しく
苦しさの後に大いなる喜びも与えてくれます
人生も同じかな