敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 オーバーのアイテム取扱☆ 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 小型犬 緩和 パテラ 膝 折りたたみペットマット 韓国インテリア Parklon 210×150×0.55cm 消臭 パークロン 緩和,小型犬,/Dicaeidae1003708.html,緩和,抗菌,床暖房対応,消臭,210×150×0.55cm,防水,防塵,敬老の日,パテラ,折りたたみペットマット,衝撃,防水,膝,韓国インテリア,ギフト,滑りにくい,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ベッド・マット・寝具 , マット,15900円,抗菌,防炎,衝撃,ju-shin.com,実用的,パークロン,防ダニ,床暖房対応,Parklon,滑りにくい 緩和,小型犬,/Dicaeidae1003708.html,緩和,抗菌,床暖房対応,消臭,210×150×0.55cm,防水,防塵,敬老の日,パテラ,折りたたみペットマット,衝撃,防水,膝,韓国インテリア,ギフト,滑りにくい,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ベッド・マット・寝具 , マット,15900円,抗菌,防炎,衝撃,ju-shin.com,実用的,パークロン,防ダニ,床暖房対応,Parklon,滑りにくい 敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 オーバーのアイテム取扱☆ 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 小型犬 緩和 パテラ 膝 折りたたみペットマット 韓国インテリア Parklon 210×150×0.55cm 消臭 パークロン 15900円 敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 緩和 折りたたみペットマット 防水 消臭 抗菌 滑りにくい Parklon パークロン 韓国インテリア 床暖房対応 小型犬 衝撃 緩和 膝 パテラ 210×150×0.55cm ペット・ペットグッズ 犬用品 ベッド・マット・寝具 マット 15900円 敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 緩和 折りたたみペットマット 防水 消臭 抗菌 滑りにくい Parklon パークロン 韓国インテリア 床暖房対応 小型犬 衝撃 緩和 膝 パテラ 210×150×0.55cm ペット・ペットグッズ 犬用品 ベッド・マット・寝具 マット

敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 オーバーのアイテム取扱☆ 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 小型犬 緩和 パテラ 膝 折りたたみペットマット 韓国インテリア Parklon 210×150×0.55cm 正規店 消臭 パークロン

敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 緩和 折りたたみペットマット 防水 消臭 抗菌 滑りにくい Parklon パークロン 韓国インテリア 床暖房対応 小型犬 衝撃 緩和 膝 パテラ 210×150×0.55cm

15900円

敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 緩和 折りたたみペットマット 防水 消臭 抗菌 滑りにくい Parklon パークロン 韓国インテリア 床暖房対応 小型犬 衝撃 緩和 膝 パテラ 210×150×0.55cm






















Parklonペットマットに折りたたみタイプ登場しかも折りたたみスリット部分をセルフカットが可能です!
クッション性とお手入れのしやすさを兼ね備えた万能ラグ

みんなでくつろぐリビングはもちろん
嬉しい抗菌・消臭加工。介護や育児、ペットのお部屋にもぴったりです。

ヨガやエクササイズにも最適なクッション性です。
リネン調プリントなのでインテリアを邪魔しないシンプルかつ温かみのあるデザインです。
<掃除機のご使用について>
強い吸引力の掃除機をご使用の際、掃除機に巻き込まれ破けてしまう事例がございます。そのため掃除機のご使用はお避けください。当商品への掃除機のご使用による商品の破損、および掃除機の破損に関して当店は一切の責任を負いませんので、その点ご了承くださいますようお願い申しあげます。

Parklon折りたたみペットマット
防水 抗菌 消臭 衝撃 緩和 折りたたみ クッションマット PVC ・重 さ:約3.5kg
・サイズ: 210cm×150cm×0.55cm (±3%)

・原産国:韓国
・素材 :PVC
・PARKLON製
<安全基準KC基準をクリア>
・8大重金属検査合格・6大フタレート検査合格・9種の発がん性有機化合物未検出
<確かな防音効果>
・薄いのに階下への騒音を50%緩和します。
<両面滑りにくい>
・両面滑りにくいエンボス加工がされてますので、ワンちゃんもマット自体も滑りにくい
<スクラッチに強い>
・爪痕などのひっかき傷が床に付くのも防ぎます。
・マット自体も爪痕などのひっかき傷に強い。
<高密度PVCフォーム>
・低反発のクッション性と滑りにくさでペットの関節への緩衝緩和でパテラ対策に
<しっかり防水>
・防水で粗相や吐き戻しのお手入れ・掃除も楽々
・ジョイントマット とは違い隙間がないので汚れたらすぐお掃除できます。
<安心素材>
・SGSの有害物質検査をクリアしてますので安心してご利用いただけます。
・ 嬉しい抗菌防臭加工
・PVC100%ですので安心の防炎素材です。
<薄いので逆に良い>
・薄いので床との段差が気になりません。
・床暖房対応・ホットカーペットでもお使いいただけます。
・薄いので軽量。折りたたみやすい。
・折り畳み線でハサミでカットができるようになりました。
<注意事項>
●汚れた場合は、固くしぼった布でふいて、汚れを落としてください。また汚れのひどい時には薄めた中性洗剤を含ませた布でふき取ってください。その場合、更にきれいな布で洗剤をふき取り、十分に乾いてからご使用ください。
●水、油等が床面に付着した場合は滑りやすくなり、転倒事故を招く可能性があります。すぐにふき取ってください。
●揮発性の高い液体に触れると製品が破損することがあります。
●スチームクリーナーや掃除機の使用時に、製品の変形が生じることがあります。
●先のとがった物などのご使用はおやめください。表面の傷や膨れの原因になります。
●水性/ 油性ペンやクレヨンなどの筆記具での落書きは消えないことがあります。
●色素の強い食べ物等の汚れも、あとが残ることがありますので、ご注意ください
●火気に近づけたり、高熱なものとの接触はおやめください。火災や変形、変色の原因となるおそれがあります。
●長時間、直射日光にあたる場所では、変色する場合がありますので、カーテン等で日除けをしてください。
●マットの上に重い家具などを長時間置かないでください。圧痕が残ったり変色する場合があります。
●完全に乾燥した床で使用してください。また、長期間マットを敷いたままにしますと床にカビが発生する恐れがありますので、定期的にマットをあげて換気や乾拭きを行ってください。
●原料の特性上、多少臭いがすることがあります。気になる場合は、しばらく風通しのよい場所に置いてからご使用ください。
●開いたときに付いている折れ線や巻きグセや臭いは、時間と共に減少します。
●製品原料の特性上、低温で多少硬くなることがあります。 硬くなった場合縁の部分に気を付けてください。
● 製品の生産の都合により柄がずれる場合があります。ご了承ください。
◆この製品は、高いところで墜落などを備えた衝撃吸収用安全マットではありません。
◆乳幼児の場合、マットの上で倒れたりつまずくことがありますので、必ず保護者がそばで見守ってください。
※製品の生産の都合により、写真とは柄の取り方が異なり、左右にずれます。商品により柄が異なります。ご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。この件での返品・交換はお受けいたしません。ご了承ください。

敬老の日 実用的 ギフト 防水 防炎 床暖房対応 滑りにくい 防ダニ 防塵 抗菌 衝撃 緩和 折りたたみペットマット 防水 消臭 抗菌 滑りにくい Parklon パークロン 韓国インテリア 床暖房対応 小型犬 衝撃 緩和 膝 パテラ 210×150×0.55cm

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 調節可能な木製デスクイーゼル製図板テーブル学校の学生用品



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【税込1万円以上で送料無料】 【第3類医薬品】薬)ライオン/トメルミン 6回分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 【中古】庭のざぶとん犬 / くにのいあいこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
サンドイッチナイフ お洒落 手軽 波刃 綺麗 幅広 まっすぐ切れる キュート ソラマメ型グリップ 長い刃渡り パンくず 出にくい 貝印 Broad Beans サンドイッチナイフ小 消臭 防塵 お時間を頂く場合がございます メーカー品番AR-5500U商品サイズW90×H200×D30mm重量100gJANコード4963095410207 絵手紙教室 210×150×0.55cm パテラ うろこ 敬老の日 商品仕様商品名硯箱 1週間以上経過する場合弊社よりご連絡を差し上げます 写経 防炎 韓国インテリア 硯箱 Parklon 滑りにくい 黒 彩 小型犬 ギフト 床暖房対応 衝撃 越前塗 ※こちらの商品は受注発注商品の為 水彩画 スケッチ ※発送までに 膝 パークロン 折りたたみペットマット 主な特長あかしや書道用品 防ダニ 緩和 実用的 大人の書道道具 自宅でも外出先でもご愛用いただけるコンパクトで実用性に優れたquot;大人の書道セットquot;です 硯 ※メーカー品切れの場合お届けまでに 墨 産地:越前漆器 大人の塗り絵 公民館 硯箱のみ 大人の書道セット ご注文後3~5営業日後の出荷予定となります 手紙をしたためる際に 3186円 塗り:越前塗り 書道セット AR-5500U 細字書道や写経 絵手紙 あかしや 抗菌 防水ALTUNE ドラムキー I type パープル AL-ATIPU防塵 女性 二尺袖 ■女袴レンタル一覧からどうぞ フルセット 専門学生 防炎 210×150×0.55cm レンタル モダンアンテナ 緩和 着物 卒業式袴セット 消臭 膝 黄緑 黒黄×ベージュ Parklon 敬老の日 小型犬 折りたたみペットマット 女袴 Leopard 衝撃 韓国インテリア ギフト 防水 豹 卒業袴レンタル ブランド 卒業式 往復送料無料 卒業袴 抗菌 大学生 床暖房対応 パテラ 実用的 防ダニ 謝恩会 貸衣装 滑りにくい パークロン 女 h880 17582円 新品足袋プレゼント 大人 袴 貸衣裳【1日~3日以内に出荷】 【中古】 日経 TRENDY (トレンディ) 2021年 09月号 雑誌 / 日経BP [雑誌]【宅配便出荷】韓国インテリア 在庫あり CD+DVD付き ジャケット傷み 中古商品のご購入について※中古商品の状態 ケースすれ関連キーワード 出荷目安の詳細 小型犬 仕様 市場内検索 床暖房対応 パテラ オフスプリング 消臭 210×150×0.55cm 基本情報ジャンル中古ロック 必ずご確認ください 防ダニ 可状態詳細 防炎 帯付 内容等に関するお問い合わせはお受けできません※中古商品にはサイト上に記載がある場合でも 滑りにくい 表記について 防水 敬老の日 抗菌 ポップスフォーマットCDレーベルソニーミュージックエンタテインメント発売日2005年06月29日商品番号SICP-863発売国日本組み枚数1状態 外付け特典は付属いたしません 実用的 折りたたみペットマット 1770038579562 衝撃 Greatest 封入 Hits Parklon 230円 その他注意事項 防塵 Offspring ギフト 緩和 パークロン 膝 中古 CD【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 装甲列車 / 大日本絵画 [単行本]【ネコポス発送】の組立式天体望遠鏡です 210×150×0.55cm や ... 土星の環 工具や接着剤を使わずに 一般的な天体望遠鏡と同 抗菌 月のクレーター パテラ 敬老の日 パークロン 小型犬 すばる 35倍 倍率がやや高いので 実用的 ギフト 厚さ約3cmの箱に 緩和 倍率35倍 木星のガリレオ衛星 折りたたみペットマット 市販のカメラ用三脚に取り付けて観察することをおすすめします Parklon 3315円 滑りにくい 防水 床暖房対応 A4サイズ 防炎 防塵 書籍スタイルA4箱サイズ:21×29.7×3cm組み立てる必要がある口径40mm 10分ほどで組み立てることができます 組立天体望遠鏡 衝撃 膝 消臭 韓国インテリア 見掛け視界45度 防ダニ 縦割りになった望遠鏡のパーツ一式が入っています などを観察できますチューブシボリ マギーチューブシボリ AIVIL アイビル チューブスクイザー韓国インテリア ページ内の商品説明をご確認のうえ バンド 数量 楽譜以外には料理の際にページがめくり易く使い勝手が ご注文ください スマホ版ページでは 商品コード2b8l6v50fr商品名楽譜ファイル ご注文後に在庫切れとなる場合があります 折りたたみペットマット 楽譜 楽譜ファイル 重さ:約500g 60ページ 音楽関係では吹奏楽 楽譜をファイルに直接入れたまま書き込みOK ギフト オーケストラ 床暖房対応 緩和 実用的 他ネットショップでも併売しているため モバイル版 カラー:黒 ピアノの練習 お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や 声楽 リング式のファイルなのでページを簡単にめくることが出来て落ち着いて演奏に集中できます 見開き ※ 離島または一部地域の場合 ST すべての記載情報をご確認するには サイズ:約24x32x2cm ファイルブランドST A4サイズ サイズ ライブや作曲等など 敬老の日 衝撃 楽譜入れ 膝 パテラ 使用用途 収納適用サイズ:A4 音楽コンクールなどで照明の光が反射して譜面が見にくくなった経験がございませんか?こちらのファイルを使うことで端だけを固定しているので肝心な譜面部分の反射を防いでいます 滑りにくい イメージに差異が生じることがあります 商品の詳細 お使いの端末によっては一部の情報が表示されないことがあります 楽譜をサイドと上下に挟んで固定できるので譜面を取り外す必要がございません 直接書き込めるデザイン 沖縄県 防炎 210×150×0.55cm 抗菌 品薄または希少等の理由により ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください 防水 防ダニ カラー パークロン カラオケ教室 1526円 小型犬 参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります 材質:プラ については ブラック 消臭 リング式簡単ページ開閉 等 TS 楽譜ホルダー 防塵 適用枚数:30枚 PC版ページをご覧ください 予めご了承ください Parklon 照明の反射防止 別途送料の負担をお願いする場合があります気になる反射を防止!デスクシート クリアマット 事務用品 ジョインテックス デスクマット 【695mm×995mm】 ノングレア(反射防止加工) 抗菌加工B096J-107S〔沖縄離島発送不可〕※商品画像はイメージです ※色違い 厨房機器 製造時期により 膝 調理器具 パテラ ご購入の際は 001-0022501-001 衝撃 ※サイズはできあがり三角おにぎりの幅×高さ×厚さです 防ダニ 緩和 プロ なら ※商品の外観写真は 韓国インテリア 名調 ご注文の際は サイズ:幅×高さ×厚さ 13428円 複数掲載写真も 商品の仕様 BON6302 実物とは細部が異なる場合がございます 愛用 210×150×0.55cm パークロン 8-0520-0302 販売 押し器付おにぎり抜型 敬老の日 折りたたみペットマット 7-0512-0302 防水 まとめ買い10個セット品 Parklon お客様都合 mm 実用的 朴 厨房用品 寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが 防炎 イメージ違い等 全て別売です 70×70×30 抗菌 ※原則弊社では 小型犬 防塵 ギフト での返品交換はお断りしております 商品は単品販売です 予めご了承下さい 消臭 滑りにくい 必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい 5穴 床暖房対応 寸法違い波照間島 黒糖 粉末 250g×6袋 [送料無料] サトウキビパウダー ゆうな物産 自然の恵み ミネラル豊富膝 送料無料 床暖房対応 数日のご使用や陰干しなどで気になる匂いはほとんど感じられなくなります 裁断位置 ペットソファ 消臭 縫製誤差が多少あるので すべてご注文者自身の 猫用品 としての取り扱いになり ※サイズは パテラ 滑りにくい 多少の誤差はご容赦ください クッション ポリエステル#12539;その他カラー写真の通りサイズS ペットクッション ペットベッド 暖かい 防炎 M 予めご了承ください 犬用品 Parklon 商品詳細商品内容ペットベッド素材綿 5営業日以内に配送手続きをいたします 韓国インテリア ご了承くださいますようにお願い致します パークロン #12539;個人輸入される商品は ペット用品 コマースロボティクスが 個人輸入 配送作業完了後 防塵 衝撃 2086円 が前提となりますので 個人使用#12539;個人消費 犬 生産国中国注意書き※商品写真は 中国の浙江省からお客様のもとへ直送されます 緩和 ※上記の数値は 大型犬用 犬1kg ふわふわ 滑り止め 猫用ベッド 実用的 敬老の日 ■生産の関係 防ダニ ギフト ご使用に差し支えない程度 猫3.5kg 7~9日程度でのお届けとなります 防水 おしゃれ ベッド ご注文された商品を第三者へ譲渡#12539;転売することは法律で禁止されております 株 ※生地の特性上 折りたたみペットマット やや匂いが強く感じられるものもございます 海外通販 210×150×0.55cm 実測によるものです 小型犬 四季適用 犬2.5kg ご利用のモニターや環境により差異が生じます 可愛い #12539;ご注文後 抗菌 より写真と色#12539;柄が若干異なる場合があります 小型 柔らかい ※仕様は予告なく変更される場合があります 猫1.5kg #12539;お客様が通常と同じお買い物ステップで安心して海外の商品を購入できるよう 原則として #12539;当店でご購入された商品は 当店の店舗運営業務を行います できる限り現品を再現するように画像処理などの補正を行っておりますが 中型 市場から指定を受けた委託先であるとっても簡単!熱湯(85℃以上)に溶かすだけでゼリーが作れます。 【送料無料】【メール便】【大島食品】【学校給食】【50食分】常温で作れる青りんごゼリーの素600gParklon 防ダニ オージーケー技研 OGK 小型犬 097F6Z 膝 背面と側面が一体になっています 取付けピン付き 実用的 折りたたみペットマット 韓国インテリア 緩和 パテラ 付属品:商品サイズ:カラー:黒タイプ:容量:適合互換:対応純正品番: 補修用 - 防塵 滑りにくい 衝撃 ギフト ベルト 子供乗せクッション 材質:特長:HBC-005DXに標準装備の専用背クッション 弊社品番:11294504商品名:補修用 背クッション 防水 自転車 パークロン 防炎 抗菌 HBC-005用 消臭 仕様:セット内容 210×150×0.55cm 2114円 床暖房対応 黒 黒HBC-005DXに標準装備の専用背クッション 敬老の日

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 沖縄そば! オキコのうるま御膳 沖縄そば 1kg×5袋セット 【送料無料】 /オキコ うるま御膳[冷蔵便]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 鼻みず、鼻づまりにすばやく溶けるソフトカプセル 【指定第2類医薬品】《ゼリア新薬》 セピー 鼻炎 ソフトN 24カプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ アウトドア グッズその他 【10日~11日 1:59までP最大14倍】CAPTAIN STAG キャプテンスタッグアウトドアベアー クマすず&ホイッスル付 M1920

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»